ブライダルフェアのチェックリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

結婚式場は、たとえ新郎新婦が求める雰囲気の会場であったとしても、待合室が無ければゲストは式が開始されるまで時間を潰す場所がなく、せっかく来てくれたのにも関わらず居心地の悪い思いをしてしまいます。

ブライダルフェアでは招待客になった気持ちで招待客に不快な思いをさせないか確認することが大切です。

もちろん主役である新郎新婦の希望に沿った会場の雰囲気や演出、予算に収まるかしっかりと確認することも必要です。

主役目線、ゲスト目線と気を配りながら会場の下見をしなければならないため、確認の漏れが無いようにチェックリストを見て確認しましょう。

式場の情報をチェック

複数のブライダルフェアを回った後に結婚式場を選ぶ予定の人は後日、式場の情報が混同しないようにメモしておきましょう。

  • 会場名
  • 担当プランナー
  • 電話連絡先
  • メール連絡先
  • 住所

ブライダルフェアで気に入った結婚式を見つけて仮予約(無料で式場を仮押さえ)したけれども、他に良い式場が見つかったときに断りの連絡を入れなければならない。

「でも、プランナーさんが良くしてくれたし電話だと言いづらい。。」なんてとき、事前に「最近、仕事が忙しく電話をできる時間がないから、万一のキャンセルはメールでする」と伝え式場側から承諾が得られればメールでキャンセルができます。

式場へのアクセス方法をチェック

披露宴でアルコールが出されるため、多くのゲストは公共交通機関を利用して式場に行きます。

ブライダルフェアへ向かう際にはゲスト目線で会場までのアクセス方法をチェックしましょう。

  • 乗り継ぎが多くないか
  • 最寄駅から徒歩何分か
  • 送迎バスの有無
  • タクシーは拾えるか
  • 駐車場のスペースは十分か

最寄駅からはなるべく歩いて周辺環境の雰囲気も確認しながら式場まで向かいましょう。

また、式当日が雨の場合には、女性はドレスが雨にぬれたり汚れてしまうのを避けるためタクシーを使います。

最寄り駅にタクシー乗り場があるか?タクシーの停留数は十分かチェックしておきましょう。

スタッフの対応

披露宴や挙式会場に目が行きブライダルフェアで見落としがちなのがスタッフの対応です。

当日の担当スタッフではなく、式場ですれ違ったスタッフの挨拶をチェックしましょう。

担当以外のスタッフの対応が良い会場はアルバイトまで教育が行き届いていることが伺い知れます。

ゲストはアルバイトが担当する料理や飲み物の配膳係りとやり取りする機会が多いため、末端のスタッフまで接客対応の教育が行き届いている会場は隅々まで配慮が行き届いているためです。

挙式会場のチェックポイント

挙式会場は5つのポイントをチェックします。

  • 収容人数
  • 天井の高さ
  • バージンロードの長さ
  • 演出のバリエーション

ゲストの人数に対して挙式会場の収容人数が少ない立ち見することになり、逆に会場が大きいとスカスカに見えてしまいます。

そのため、挙式会場の収容人数がゲスト人数に対してつり合いがとれているか確認が必要です。

またバージンロードは短い会場で8メートル程度、長い会場では20メートル、平均は10~14メートル程度です。

ベールやドレーンが長くバージンロードを引きづって歩くことで美しく見えるドレスの場合、バージンロードが短くてはドレスの良さを引き出せません。

また、あがり症であったり目立つのが苦手な花嫁はバージンロードが長いと自分に視線が集中する時間が長くなり、それを苦痛に感じる人もいます。

夢にまで見たバージンロードを少しでも長く歩いていたい人は、バージンロードが長い会場を。

あまり思い入れが無い人や目立ちたくない人は短い会場を選びましょう。

そして、天井の高さは解放感を生み、ガーデンやテラスがある会場は演出の幅が広がるためあわせてチェックしておきましょう!

披露宴会場のチェックポイント

披露宴会場のチェックポイントは、二人が理想とする雰囲気か?演出は可能か?を主に確認します。

  • 収容人数
  • テーブルの種類
  • インテリア
  • テーブルセッティング
  • 装飾のセンス
  • 設備

ブライダルフェアでは装飾が施された披露宴を下見します。

下見している披露宴会場はゲストが何名でいくらの装飾か必ず確認しましょう。

なぜなら、下見した会場はゲストの人数が30人のもので、あなたの招待客は倍の60人だった場合、会場はブライダルフェアでみた優雅さやゆとりはなくキツキツの状態になります。

装飾もブライダルフェアでは最高ランクのセッティングがされており、それに憧れて再現しようとしたら50万以上も料金がかかってしまうなんてもこもあります。。。

予定している予算と招待客を招いた場合、披露宴会場がどのような状態になるのか必ずプランナーに確認しましょう。

また、披露宴で映像を流す予定の人はプロジェクターやDVDやVHS映像に対応した設備が用意されているのかチェックしておきましょう。

料理内容のチェックポイント

参列者にとって料理は演出と同等か、それ以上記憶に残ります。

なぜなら参列者は、結婚式の大部分を料理を食べて過ごしているためです。

料理の質に力をいれた結婚式を考えている人はブライダルフェアで以下の内容について確認しましょう。

  • 料理の種類とメニュー
  • 品数と食材

料理の種類は、フレンチ・中華・和食のどのジャンルかを確認します。

また、コースメニューの種類と複数のメニューを組み合わせることは可能か。

そして結婚式経験者は品数と食材を見ただけで料理にお金をかけたかケチったかを一瞬で見抜きます。こわいですね。。。

以下が結婚式経験者が料理を見ているポイントです。

<料理の品数>

  • グレードダウン・・・6品
  • 普通・・・7品
  • 高グレード・・・8品

<食材のグレード>

  • グレードダウン・・・豚肉、エビ
  • 普通・・・牛肉、手長エビ
  • 高グレード・・・フィレ肉&フォアグラ、オマールエビ

コース料理が7品で食材には牛肉もしくは手長エビが使われていると普通の結婚式と思われ、そこから品数や食材が変わると新郎新婦のお金のかけ具合がわかります。

「料理に値段をかけていないのに演出だけはお金をかけて華やかだった」なんて話を参列者にされないためにはバランス良くお金をかけることが大切です。

また、料理の味は試食付きブライダルフェアで確認ができます。無料で参加できるため複数の会場を回って食べ比べをしてみるのもいいでしょう!

費用をチェック

ブライダルフェアでは今考えている結婚式の内容をもとに見積もりを作成してくれます。

費用については以下の4つを確認しましょう。

  • 支払い時期
  • 支払い方法
  • サービス料
  • 延長料金

結婚式の費用は式の2週間前での支払いが一般的です。

最近では、ご祝儀を結婚式の費用にまわしたい人たちからの需要を満たす形の「当日払い」「後払い」システムを用意している会場も現れています。

支払い方法は基本、クレジットカード、ブライダルローンの3種類が主流です。

クレジットカードは上限金額が50万~100万程度と結婚式の平均費用330万を満たすことができません。

全額ローンにしたい場合にはブライダルローンでの支払いが可能か確認しましょう。

ブライダルローンはジャックスのプレシャンテなどあります。

また、基本料金を低価格にして安く見せかけてサービス料やグレードを上げると急激に料金が高くなる式場があるため料金表を確認しましょう。

これとあわせて、披露宴が長くなってしまったときの延長料金もチェックしておきましょう。通常であれば30分までは無料ですが1時間を超えると金額が請求されることがあります。

ブライダルフェアの予約サイトおすすめランキング

ブライダルフェアは専用の予約サイトから申し込むと、お得な特典が貰えるのをご存知ですか!?

<ブライダルフェアの予約特典>

  • 商品券:最大10万円
  • 結婚費用が安くなる

予約サイトにより貰える商品券の金額や結婚式の費用は異なります。
以下にてお得な予約サイトのランキングを紹介します!

1位:ハナユメの特典

ハナユメでブライダルフェアを予約して参加しば場合に貰える来場者特典

ハナユメは、アプリや引越し一括見積サービス「引越し侍」を運営するエイチームが運営するサイトです。
2016年までは「すぐ婚navi」と言うサイト名でしたが、ハナユメに名前を変更した、10年以上運営されている人気の高いサイトです。ローラや斎藤工など人気のタレントを起用したテレビCMも放送しています。

ハナユメは、全国の結婚式場の写真を豊富に掲載。たくさんの写真を見ながら探せるので、理想の雰囲気の結婚式場が見つかります。また、結婚式場探しは、何から始めていいのか分からないという方には「Hanayumeウエディングデスク」での無料相談もオススメです。
さらにハナユメでは、気になる結婚式費用がお得になる「ハナユメ割」もご用意。 気になるあの結婚式場も、ハナユメならではのお得な価格で結婚式を挙げることが可能です。
引用:hanayume

<特典>
ブライダルフェア来場特典:最高金額100,000円プレゼント

商品券や電子マネーは参加したブライダルフェアの件数が多くなるほど特典でもらえる金額が高くなります。

<商品券・電子マネーの金額表>

  • 1会場参加 15,000円
  • 2会場参加 25,000円
  • 3会場参加 28,000円
  • 成約 +2,000円
  • 抽選当選 +70,000円

ハナユメの特典は、ブライダルフェアに来場した人全員に商品券がプレゼントされるほか、毎月抽選で7万円プレゼントするキャンペーンも実施しています。

また、ハナユメは結婚式場と独自に提携しています。
ハナユメからブライダルフェアを申し込みをすると、最大で100万円の結婚式費用が割引されます!

ハナユメでブライダルフェアを申し込んで制約すると最大100万円が割引される

2位:マイナビウエディングの特典

マイナビウエディングでブライダルフェアを予約して参加しば場合に貰える来場者特典

マイナビウエディングとは、大手転職サイトのマイナビが運営しているブライダルフェアの予約サイトです。

マイナビウエディングでは東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・栃木・長野・愛知・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀の結婚式・挙式に関する情報を中心にお届けします。
結婚式場を360度好きな角度でチェックできる「パノラマカメラ」をはじめ、ブライダルフェア、挙式プラン、3カ月以内のお得なプラン、費用(お見積もり)等、ふたりらしい結婚式を実現するための機能や情報が満載です。
引用:マイナビウエディング

<特典>
ブライダルフェア来場特典:最高金額40,000円プレゼント

商品券や電子マネーは参加したブライダルフェアの件数が多くなるほど特典でもらえる金額が高くなります。

<商品券・電子マネーの金額表>

  • 1会場参加 15,000円
  • 2会場参加 25,000円
  • 3会場参加 35,000円
  • 成約 +5,000円

3位:ゼクシィの特典

ゼクシィでブライダルフェアを予約して参加しば場合に貰える来場者特典

大手転職サイトを運営するリクルートグループが運営、刊行しているゼクシィ。
最も有名なサイトですが、ブライダルフェアの特典は他の2サイトと比べるとイマイチです。

ゼクシィは、結婚式場やドレス・指輪などウエディング当日に関わることはもちろん、準備のためのブライダルエステまでサポート!ゲストに喜ばれるウエディングは?引出物などのおもてなしはどうする?など、ウエディングの演出もお任せ!実際にやってよかったウエディングなど参考になる情報ももりだくさん!ゼクシィがお二人のブライダルを盛り上げます。
引用:zexy

<特典>
ブライダルフェア来場特典:最高金額40,000円のJCVギフトカードが先着で貰えます。
※ハナユメ、マイナビウエディングと異なり、全員が貰えるわけではありません!

商品券や電子マネーは参加したブライダルフェアの件数が多くなるほど特典でもらえる金額が高くなります。

<ギフト券抽選の金額表>

  • 1会場参加 5,000円
  • 2会場参加 30,000円
  • 3会場参加 40,000円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。