ホテルモントレ銀座のブライダルフェアに行ってみた感想!無料試食会でタダ飯デート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回私たちはハナユメでブライダルフェアを予約して初めて参加しました。

参加したホテルモントレ銀座の、無料でフルコースが食べられる試食会付きのブライダルフェアに行ってきました♪

ブライダルフェアの所要時間は、日曜の15時30分からはじまり19時30分までかかり、4時間位でした。

ブライダルフェアの流れで進みました。

  1. ブライダルサロンでアンケート記入
  2. 式場の案内
  3. 模擬披露宴
  4. 模擬挙式
  5. 試食会
  6. 相談会
  7. 見積もり

試食会当日の流れや料理の内容や感想について紹介します。

持ち物

事前にネットで調べてメモ帳を持参していきました。

ブライダルフェアに参加しているほかの人たちを見てみるとメモしている人たちは一人もいませんでした。

皆さん持ち物は特に何かを用意していない様子です。

結婚式の内容や、このブログを書くために熱心にメモ帳をとっていると、プランナーさんに「すっごく熱心な新婦さんですね!」と言われてしまいました笑

まあ、スマホがあれば忘れたくないことはメモできるので大丈夫そうですしね。

ブライダルフェアに行った服装

わたしの服装は、普段通りのニットのワンピース、タイツ、ぺたんこの靴でいきました。

ブライダルフェアに行った私の服装の写真

彼氏の服装は、チェックのネルシャツに黒のデニム、スニーカーでした。

彼氏のブライダルフェアに行った写真

私たちを含め、参加者の皆さんも普段使いのカジュアルな服装の人が多かったです。

何組かは男性だけジャケットやスーツなどのフォーマルな服装の人もいました。

今日は奇抜なファッションや髪型をしている人はいませんでしたが、こういったブライダルフェアに決まったマナーは無いようで、自由な服装で良さそうでした。

模擬挙式

16時30分、ブライダルラウンジから式場に移動して模擬披露宴に参列。

模擬挙式の様子とモデルの写真

模擬挙式の時間は20分くらいでした。

式場に着いたらモデルの人たちによる模擬挙式がすぐに始まりました。

チャペルはそんなに大きくなく、70名くらいまで収容できそう。

挙式の流れと、賛美歌が書かれた用紙が渡され、私たちも参列者として着席。

本物の挙式さながらに入場から退場までしっかり体験でき、お芝居だと判っていても感動してしまいました・・・!

フラワーシャワーをしている写真

また、フラワーシャワーやブーケトスもあり、しっかりブーケをキャッチしてきました笑

模擬披露宴

17時に模擬挙式が終わったら2階にある披露宴会場に移動しました。

らせん階段を登り、奥に歩き進むといくつかの会場がありました。

披露宴会場の写真

会場はすごく大きいわけではなく、どちらかとうと新郎新婦との距離感が近いアットホームなイメージです。

モデルの入場から始まり、オープニングムービー、新郎新婦のファーストバイトを見て最後にはエンディングロールまで流れました。

ここで披露宴のイメージや設備が確認するには十分な演出でした。

披露宴で流れるオープニングムービーの写真

あと、模擬披露宴の司会者の人が、ファーストバイトには3種類あると説明もしてくれました。

上品な雰囲気で行うスタンダートファーストバイト、披露宴でよく見るビッグスプーンのファーストバイト、新郎新婦が同時に食べさせ合うアクティブパターンがあるそうです。

無料のフルコース試食会の内容

こちらのフェアに申し込んだ決めてがフルコースの試食が無料できる!という所。

せっかく結婚式に参加してもらうのなら美味しいものを味わってもらいたい。

今日のプランには¥13750のフルコースとドリンク(おかわり自由)が全て無料でお試し出来ました。それぞれ3種類ある中から決まった物が2種類、私と彼に1種類づつ出してもらいました。1人で参加している方もいましたが、1種類しか味を確かめれないのは少し残念な気がしました。

1.突き出し(アミューズ)

突き出しの写真

料理名「ポークリエット、ガスパチョ、ノルウェー産サーモンマリネ」

ポークリエットは、豚のペーストがコーンに入っていて食べやすかったです。

コーンの中にポークリエットが入っている写真

ガスパッチョは、トマトベースの冷製スープに野菜の味がプラスされてました。サーモンマリネは、もっちりとしていましたが、酸味はあまりありませんでした。

2.前菜(オードブル)

鶏むね肉のパテの写真

料理名「鴨胸肉のパテ包みとトリュフ風味葱のコンフィ オレンジとバニラ香るソース」

鴨肉の中にキノコが入っていて添えてあるポロネギと一緒にオレンジとフォアグラのソースをつけて食べるとオレンジの香りが口の中にひろがり、鴨はとても柔らかかったです。

海老とアボガド料理の写真

料理名「ボタン海老 アボカド 海老オイルを添えて」

ボタン海老の下にアボカドディップが敷いてありサフランとパセリのソースをつけて食べましたが、少し味にパンチがないかなぁと思いました。

3.スープ

ホタテガイのパイ包みの写真

料理名「北海道産ホタテ貝柱のパイ包み焼き2色のソース」

サクサクのパイの中におっきなホタテの貝柱が入っていて口に入れたときにバターの風味が食欲をよりそそりました。

パイ包みの断面画像

食べ応えのある一品です。

シャンピニオンスープ・カプチーノスタイルの写真

料理名「シャンピニオンスープ・カプチーノスタイル」

マッシュルームのスープなのですが、上に載っているカプチーノと、中に入っているつみれ?のようなものすべてがとっても美味しかったです。

味は濃厚なクラムチャウダーのようで、きのこが苦手な方でも大丈夫な気がしました。

4.魚料理(ポアソン)

鯛のポワレ・海の幸のリゾット添えサフラン風味のクリームソースの写真

料理名「鯛のポワレ・海の幸のリゾット添えサフラン風味のクリームソース」

鯛が外がカリカリ、中がふわふわで淡白な味でしたが下に敷いてある海鮮のリゾットの味とチーズのコクが利いていてバランスが良かったです。

金目鯛のバプール・キャビアソースの写真

料理名「金目鯛のバプール・キャビアソース」

金目鯛はふわっとはしていましたが、キャビアのソースをしっかりつけないとあまり味がしないように感じました。

ただ、年齢が高い方には食べやすいだろうなと感じました。

5.口直し(ソルベ)

ゆずのシャーベット フランボワーズのシャーベット

料理名「フランボワーズ、ゆずシャーベット」

さっぱり爽やかで私的には果肉の味が残るゆずが好みでした。

6.肉料理(アントレ)

牛フィレ肉のロースト・トリュフ風味のソースの写真

料理名「牛フィレ肉のロースト・トリュフ風味のソース」

フィレ肉はミディアムレアで赤身の味がしっかりしていて、添えてあるジャガイモのミルフィーユと一緒にトリュフのソースをつけると絶品!

フィレ肉をソースに付けた写真

トリュフのソースは、おかわり自由のバケットにつけても美味しかったです。

牛サーロインのロティ・エシャロットソースの写真

料理名「牛サーロインのロティ・エシャロットソース」

サーロインステーキはフィレ肉に比べて肉の甘みが強く感じました。

牛サーロインの写真

しっかりした噛み応えがあり、男性の方にお勧めで彼氏も美味しく食べていました。

7.デザート(デセール)

料理名「マンゴーのフランベ・アイス添え」

今回は料理長がマンゴーを実演でフランベして見せてくれました。

料理長がデザートを作ってくれているところ

事前に好きなフルーツを言えば、式当日にそのフルーツをフランベしてくれるそうです。

フランベしてくれている間、ライトダウンされちょっとしたショーをみた気分を味わえました。

マンゴーをフランベしている写真

フランベしたソースとアイスクリームが混ざった部分がおいしく、またしてもパンをつけて食べました。

8.コーヒーor紅茶

最後に飲んだホットコーヒー

アイスホットを選び、最後に頂きました。

お酒

食事が始まるタイミングで、モデルさんが乾杯の音頭をとってシャンパンを飲みました。

お酒があまり強くありませんが、飲みやすくておかわりしちゃいました。

そのあとは、魚や肉料理に合わせて白ワインと赤ワインを頂きました。

他の参加者の方はアルコールが飲めないらしく、ウーロン茶をもらっていました。

アルコールも全て無料で頂きました♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。